TOP >  にきびの種類  >  あごのにきび

あごのにきび

スポンサードリンク

あごに出来るにきびは、は「成人型にきび」と呼ばれ、一般的には「吹き出物」とも呼ばれています。ストレスやホルモンバランスの崩れからフェイスラインや首すじにできるにきびと同類とされています。
20歳代後半から30歳代の女性に多く見られ、アゴのまわりや口元、ホホ、首などにできやすく、赤く、比較的大きくなります。にきびは、昔は「青春のシンボル」なんて言われていたときもありますね。しかし、大人のにきびは、思春期にできるにきびより厄介なものなのです。
炎症も激しくなりやすく、思春期のニキビにくらべて治りにくいなどの特徴があります。
成人型ニキビの原因は、「あぶら性」などの体質や、「化粧」によって毛穴がふさがれることで、毛穴に皮脂が充満し、アクネ菌が増殖しやすいことなどが考えられています。
最近増えている大人のニキビの主な原因としては、「ストレスによるホルモンのバランスの乱れ」がいわれています。
皮脂分泌の多いあごに出来たにきびは、他の箇所に出来るにきびに比べても治りにくいとも言われます。日常のスキンケアに気を配りあごにきびを予防しましょう。

  

関連エントリー

TOP >  にきびの種類  >  あごのにきび

▼ 検索