TOP >  にきびを治療する  >  にきび治療の使命

にきび治療の使命

スポンサードリンク

にきび治療には、@にきび予防、Aにきび炎症等の沈静化、Bにきび跡(痕)の治療の大きく3つの使命があります。
にきびの原因としては、細菌感染よりも、ホルモン関与によるものが多いです。にきびには、初潮時に生理的に現れるものもありますが、多くの場合は素因や脂漏体質がまずあり、これに「皮膚を不潔にしている」「食事で脂肪分や糖分を過度に摂取している」「精神不安定」といった条件や、化粧品・便秘・月経・気温・薬剤などが誘因となって生じるのです。
にきびが出来てそれを治療することに焦点を置きがちですが、にきびを予防することの重要性を再認識しなければいけません。一度出来たにきびを100%確実に治療出来る方法というのは存在しませんし、そのにきびが悪化しにきび跡になってしまうと、それこそ元の美しい肌へ蘇らせることは不可能に近いからです。
にきび治療の方法は、実に様々でにきびの状況に応じて総合的に治療する事が望まれます。顔のにきびと言っても顎や額など場所によってもにきびの進行状況は違いますので治療方法も変えていく必要があるのです。にきび治療には、内服治療、外用薬治療、レーザー治療、IPLなどの光治療などがあり、いずれもにきびの原因となるアクネ菌を殺菌し肌の新陳代謝を高めコラーゲンを促進することで美しい肌へ再生することを目的としています。

  

関連エントリー

TOP >  にきびを治療する  >  にきび治療の使命

▼ 検索